自宅をオフィス化する際のおすすめレイアウトやポイントをご紹介!

新型コロナウイルスの影響や政府の働き方改革の推進により、近年急激に注目されている「テレワーク(リモートワーク)」。テレワークをすることで、場所や時間にとらわれることのない柔軟な勤務スタイルを確立できることから、企業はもちろん、従業員側からも高い支持を受けています。

テレワークは、旅行先やリゾート地、カフェなどでも行うことができますが、多くの方は「自宅」で行っているのではないでしょうか。自宅で仕事に取り組む方は、集中できるような環境づくりが最も大切と言われています。

そこで今回は、自宅をオフィス化する際のおすすめレイアウトやポイントをご紹介していきます。

自宅オフィス化のおすすめレイアウト

自宅をオフィス化する際にまず決めなければならないのが「どこにオフィス場所を設けるか」というレイアウトです。ここでは、おすすめのレイアウトを3つご紹介します。

1.リビングの一部をオフィス化

主婦の方や子どもの面倒を見ながらのテレワークを行う方には、「リビングの一部」にオフィス場所を作ることをおすすめします。「リビングだと集中できないのでは?」と思う方も多いかと思いますが、窓向きや壁向きにオフィステーブルを設置するなど、ちょっとした工夫をすることで集中力を維持することは可能です。

何より、家族の存在を肌で感じながら仕事に取り組みことができる点が、リビングの一部をオフィス化する際の最大の魅力です。子どもの寝顔を仕事の合間合間に見ながらできる点は、これ以上にない幸せでしょう。

2.階段下や書斎などの狭いスペースをオフィス化

最も集中力が保てるのが、階段下や書斎などの狭いスペースをオフィス化することです。誰にも邪魔されることのない狭い空間での仕事はとにかく没頭することができ、会社勤務と同等以上の集中力を維持することができます。

自宅に書斎スペースがある方はそこを利用し、書斎スペースのない方は階段下などの「デッドスペース」の活用をおすすめします。

3.1部屋を丸々オフィス化

自宅の部屋に余裕のある方は、1部屋丸ごとをオフィス部屋にすると良いでしょう。1部屋を丸々使用することで、ゆとりのある空間を演出することができ、仕事の合間合間にのんびりとコーヒーを飲みながらひと休憩することもできます。

また、大きなテーブルや椅子、資料ボックスなどを設置することで、より集中力の高い在宅ワークを実現することができます。

自宅をオフィス化する際に押さえておきたい2つのポイント

1.仕事スペースと生活スペースにメリハリを!

テレワークの最大の懸念材料が、仕事と生活が共存してしまい、メリハリを失ってしまうことです。時には、子どもの世話をしたり、ひと休憩したりするのも良いですが、常に生活と共存してしまうと仕事が思うように進まなくなってしまいます。

そのため、自宅をオフィス化する際には、しっかりとメリハリをつけられるようなテーブルの配置や空間を意識することが大切なポイントです。

2.オンとオフの切り替えができるような雰囲気作りを!

スペースのメリハリと似たような意味ですが、仕事と休暇の「オンとオフ」をしっかりと切り替えができるような雰囲気作りも大切です。会社に勤務する場合は、「午前9時〜午後5時まで」などといった勤務スタイルがしっかりと確立しているために、オン・オフを容易に切り替えることができますが、テレワークの場合はそうはいきません。

基本的にテレワークは、「好きな場所で好きな時間」に仕事を行うことができるため、仕事と休暇をバランスよく生活に取り入れることができるというメリットの反面、仕事の効率を落としてしまうと「休暇が取れない」という事態に陥ってしまうケースもあります。

そのようなことにならないためにも、自宅をオフィス化する際に「仕事と休暇(オンとオフ)」をしっかりと切り替えできるような雰囲気作りを心がけましょう。

翻訳する »