リモートワークで副業を!おすすめの在宅副業を3つご紹介

コロナ禍の影響や政府の働き方改革推進により、近年大注目を浴びている「リモートワーク(在宅ワーク)」。本業の仕事がリモートワークになり、空いた時間を有効活用して在宅副業を始めてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

在宅副業のメリットは、本業の妨げにならない範囲内で隙間時間を活用し、手軽にお金を稼ぐことができる点です。副業を解禁する企業が増えている昨今は、在宅副業でお小遣い稼ぎをする方が急増しています。

そこで今回は、おすすめの在宅副業を3つご紹介していきます。

 

1.ポイントサイト【月1万円以上も可能】

ポイントサイトの働き方は、「モッピー」や「ECナビ」、「げん玉」などのポイントサイトに登録し、サイトへの無料会員登録やゲームAppのインストールなどの条件をクリアすることで「1件:50円〜200円程度」のお金を稼いでいくお仕事です。

最も簡単な稼ぎ方として、広告クリックや動画視聴などがありますが、簡単であればあるほど単価が安いという特徴があります。一方、サイトへの会員登録など少し手間がかかる案件は、単価が高く設定されています。

ポイントサイトでの収入は、やり込み具合によって大きく変動しますが、普通に取り組むレベルでは「月:5000円〜10000円程度」が相場ではないでしょうか。

ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたい方にはおすすめですが、月5万円以上を目標とした副業をしたい方には少し物足りないかもしれません。

 

2.Webライティング【月5万円以上も可能】

初めて副業に挑戦する方でも手軽に始めることができる「Webライティング」。Webライティングとは、インターネット上に掲載される記事を執筆するお仕事のことです。

個人や企業が運営しているブログ記事を代行執筆する仕事がメインで、記事内容やクライアントとのやり取りによって単価が決まります。一般的には「1文字=1円」など文字単価で契約するケースが多いですが、「1記事=3000円」など記事単価で契約するケースもあります。

Webライティングの最大の魅力が、ライティングスキルが上がれば上がるほど高収入に繋がるということです。クオリティの高い記事を書けるようになることで、収入はどんどん上がっていき副業で「月10万円以上」を稼ぐことも可能となります。

Webライティングを始めてみたいとお考えの方は、多くの求人情報が掲載されている「クラウドワークス」や「ランサーズ」に登録することから始めましょう!

 

3.Youtuber【月10万円以上も可能】

芸能人や俳優、アスリートの参入により、近年大きな注目を集めている「Youtube市場」。Youtubeを配信する方のことを「Youtuber(ユーチューバー)」と言い、素人の方でもすぐになることができるお仕事です。

Youtuberは、動画を配信し、広告料を得ることで収入を得る仕組みとなっています。ただ動画を投稿すればすぐに収入が入るというわけではなく、収益化するためには以下の3つの条件を満たす必要があります。

  • 直近12ヶ月の総再生時間が『4000時間以上』であること
  • チャンネル登録者数が『1000人以上』であること
  • 広告掲載に適したコンテンツであること

見事、収益化条件をクリアすることができればYoutubeの動画配信で収入を得ることができ、チャンネル登録者数や総再生時間が伸びれば伸びるほど、高額な収入を得ることができます。

しかし、現状は収益化に繋がる人は少なく、厳しい収益化条件をクリアすることが最大の難関であると言えます。

翻訳する »